滞納整理システム 株式会社シンク

株式会社シンク
官公庁の滞納整理についてシンクは考えます。専業メーカーとしての滞納整理ノウハウの提供

2017年滞納整理全国セミナー開催中(4週目:埼玉、石川)

 全国セミナー4週目はさいたま、金沢での開催でした。真夏日に近い気温(最高気温29度)の中、また、お忙しい中、たくさんの自治体職員様にお出でいただき本当にありがとうございました。 

 今回は弊社製品・サービスにスポットをあてます。
 シンクは今期の目標に「滞納整理業務全般のBPOサービスの提供」を掲げています。次の三つにそった新たなサービスを構築し、他社が真似できない仕組みを世の中に提供してまいります。
  1.徴収率向上の支援サービスを提供
  2.債権一元管理の支援サービスを提供
  3.滞納者の生活再建支援サービスを提供 

  
■地方自治体の債権管理~収入未済額の削減策と職員の意識改革~(サービス事業推進部:永嶋正裕)

1.賦課・徴収事務の合規性
  ①賦課・徴収事務及び不納欠損処理は、法律・判例・条例に従い適切に行われているか
  ②交付要求・債権の届出は、全ての債権について漏れなく行われているか
2.賦課・徴収事務の経済性、効率性、有効性
  ①地方自治法第2条「…最小の経費で最大の効果を挙げるようにしなければならない」
  ②賦課・徴収及び滞納整理業務事務は、経済的、効率的かつ有効に行われているか
3.賦課・徴収事務の公平性、公正性
  ①賦課・徴収及び滞納整理は公平・公正に行われているか
  ②執行停止や徴収停止及び債権放棄の執行は公平・公正に行われているか
4.債権一元管理のメリット
5.個人情報取扱の理論 

  
■生活再建支援システム(取締役社長:丸山秀明)

 全国セミナーにご帯同いただいているFP遠藤講師のお力添えいただいている‘生活を考えるシステム’「THINK-LIFE」をご紹介しました。これは、滞納者削減ばかりではなく、生活保護者の削減、子供の貧困の削減をも目指しており、目先の滞納を減らす事だけにとらわれず、生活を改善する事で長期的な納税者になっていただく事が可能です。FPの知識が深くない自治体職員様でも最も効果的な改善策を提案できるシステムです。
 1.「滞納の原因」と「滞納発生時期」の簡単把握
 2.「ヒアリング項目」の自動表示
 3.「対応可能な複数の改善策」の中から「最も有効な改善策」を自動表示(FPの知識をシステム化)
 4.プラスになった「家計収支余力」を「分納計画」に自動展開   

  
■THINK TAX WEB」、「リモート開発・保守」(西日本営業課:黒田拓海)

 平成29年5月時点で281の自治体様(全国シェア:16.4%)にご利用いただいております。進化し続ける滞納整理システム「THINK TAX WEB」の新機能の一部をご紹介しました。
  1.分納方法に「期別」を追加
  2.経過記録の参照登録機能を実現
  3.検索結果の表示順序の選択機能を追加
 また、複数のお客様にご利用いただいている「リモートサービス」も併せてご紹介しました。
  1.セキュリティ対策
  2.接続例(LGWAN、閉域網、その他)
  3.リモート接続で効果が出た具体的事例  

  
  残すところ8月1日(火)の北海道(札幌)セミナーだけとなりましたが、従業員一同まだまだ気を引き締めて臨みます。「滞納ゼロ」を目指すシンクに引き続きご期待ください。

滞納整理システム 債権管理 国民保険料(税)滞納整理システム 全庁型水道料金システム